石油ファンヒーターは、環境に合わせて選ぶことが重要になってきます。運転音少なからず動作音は発生します。家族でワイワイしながら過ごす部屋では気になりません。しかし、1人でいる部屋や静かな環境の部屋だと音が気になる場合もあります。最新機種では音が静かな機種もありますので、気になる方は、静音タイプも選ぶと良いでしょう。部屋の広さ自分の部屋の広さよりも、対応している広さが小さいものは選ばない方が良いでしょ...

石油ファンヒーターは、ランニングコストが安いと言われています。車と同じで、できるだけ燃費のいいものにすれば低コストで済みます。では、石油ファンヒーターを使用すると、どのくらいのランニングコストがかかるのでしょうか?実際に、算出してみました。まずは、取扱説明書に書かれている仕様を見てください。【電気価格1kwh約20円とした場合】■電気代(1時間当たり)=燃焼時の電力消費量×20円■灯油量平均値(1...

石油ファンヒーターの電気代はどれくらいかかるのでしょう?石油ファンヒーターの電気代はわずかなものです。電力は主に点け始める時と、運転時のファンの回転で使います。最初の点けた時におよそ500Wくらいで10分弱です。金額でいうと、3円くらいでしょう。運転中は50Wくらいですので、金額でいうと、1時間当たり1円程度です。節電に関してメーカーを比較してもそんなに差異はないようですが、近年ではコロナが特に優...

点火時・消化時の臭い「未燃焼ガス」に含まれる、炭化水素(ハイドロカーボン)が原因です。石油ファンヒーターは、灯油を気化させて燃焼させるのですが、気化させても燃焼できなかった「未燃焼ガス」がどうしても発生しやすくなります。(特に消化時)健康への影響としては、のどや気管支、肺などへの呼吸器系への悪影響が考えられます。消化時は部屋の換気を兼ねて、窓を開けて嫌な臭いも吹き飛ばすようにしましょう。また、最近...

近年の石油ファンヒーターは十分な安全装置がついていますが、やはりファンヒーターを利用する際は、注意が必要です。一般的な事ですが、以下のような注意点を確認して安全で快適な利用を心がけていきましょう。換気をすること燃焼させる時に発生する一酸化炭素に注意が必要です。最低でも2時間に1度は換気するようにしましょう。就寝中や留守中には、利用しない知らないあいだに、火事になったり、一酸化炭素中毒になったりする...

石油ファンヒーターの弱点は、換気が面倒なことですね。でも、ご安心ください。換気のいらない石油ファンヒーターもあるんです!当然、お部屋の空気も汚すことがありません。それは、【石油FF式ヒーター(FF式ストーブ)】というものです。FF式ヒーターの仕組みFF式ヒーターは、煙突よりも細い給排気筒を部屋の壁から外に出し、室外の空気を取り入れて燃焼させつつ、排気を室外に放出します。よって、部屋の中の空気を汚し...

お風呂から上がった後は、普段はドライヤーで髪を乾かしますよね。でも、ドライヤーは電気の消費量がかなり高く、電気代は高くつきます。少しでも節約を考えているご家庭にオススメするのが、ファンヒーターで髪を乾かす方法。何と言っても、ドライヤーよりも数倍早く髪を乾かすことができます(^^)ただし、セットをするのは難しいので、乾燥専用です。やり方は、ちょっと不恰好ですが、温風の拭き出し口の前で屈んで、温風のシ...

石油ファンヒーターと石油ストーブは、同じ灯油を使用するところは同じですが、異なるところもあります。石油ファンヒーター暖めた空気でファンを利用して部屋全体に暖めることができます。温度調整ができ便利です。また、灯油を燃やした時に臭いを消すための消臭機能が付いているものもあります。欠点としては、ファンが回っているため駆動音が発生します。また、停電時は使えなくなります。石油ストーブ少しずつストーブの周りを...

石油ファンヒーターとエアコンでは、どちらが良いのか?と思う方が多いのではないでしょうか。石油ファンヒーターのメリット部屋全体を暖めてくれて暖房パワーが高いです。石油ファンヒーターのデメリット灯油を使用しているため空気が汚れやすく、定期的に換気をしなければなりません。灯油がなくなれば、灯油を入れる手間がかかります。エアコンのメリット灯油を入れる手間がなく、スイッチを押すだけで使えます。また、火の心配...

石油ファンヒーターを長く使っていると故障やトラブルが発生します。特に多い症状として・・「着火しない」「臭いが強い」「煙が出る」「ファンが動かない」という症状が多いです。その原因として、ほこりや残っていた灯油を使ったことで不純物混入などの原因が考えられます。まずは、燃料タンクやフィルター、ファンのフィルターなどのゴミやホコリを取り除くなど、目に見える部分の簡単なメンテナンスを行ってください。それでも...

古くなった石油ファンヒーターは、『買い替え』の場合は家電量販店で無料または有料で引き取ってくれます。しかし、買い替えではなく単に処分したいということであれば、どのように処分すればよいのか迷うでしょう。処分の方法として、市町村の環境課や民間の業者にお願いするという2通りがあります。市町村の環境課家電リサイクル法の商品でない石油ファンヒーターは、粗大ゴミとして引き取ってもらえます。市町村によって引取り...